作業中だってオシャレを楽しみたい方へ

安全靴は機能性が高いばかりに、デザイン性がないと考えていませんか?今はカジュアルでファッションとしても十分楽しめる安全靴も多いですよ。この機会にあなたの中の安全靴に関する疑問を解消していきましょう!

安全靴に関するよくある質問!

安全靴とは何ですか?

安全靴とは、安全に作業するための靴で先芯や靴底の強度がある靴の事をいいます。

オシャレな安全靴ってありますか?

今は、カジュアルでデザイン性の高い安全靴もたくさん販売しています。専門サイトなど覗いてください。

しっかり作られている分、靴の中が蒸れそうですが大丈夫ですか?

通気性のある靴や、防水・防臭加工が施されている靴もたくさんありますよ。

作業員

安全性と保護能力の確保

工場内作業や屋外の危険が伴う作業の際に足を保護する役割を果たすのが安全靴ですが、主につま先部分に金属や樹脂を使用しているのが特徴となります。その他には靴底に滑り止め加工が施されたタイプや、丈が長く膝下全体まで保護するタイプなど、用途に応じて足の保護と安全確保の為に様々なタイプの安全靴が存在します。最近では保護や安全確保の目的プラス、デザインフォルムも従来の無骨な仕事靴というイメージを、覆すような安全靴が増えています。

従来のイメージを払拭

ネット通販の安全靴のジャンルを検索すると相当な種類の安全靴があり、安全性や保護能力は確保しながらも一見すると安全靴とは思えない、おしゃれなデザインが増えています。ジャンル的にも従来の安全靴のイメージを踏襲するタイプから、ブーツ系、革靴系、スニーカー系などバリエーション豊富で、普段から履くのにも申し分ありません。デザイン面だけでなく計量化や履き心地も進化を遂げ、一般のスポーツ用品メーカーも参入するなど、市場も活性化しています。

総合的に見て割安

一般的に安全靴は、ハードな用途に耐えられる構造になっており、安全性や保護能力プラス耐久性にも優れている傾向があります。それでいて一般的なスニーカーや革靴、ブーツと同様のタイプの製品でも、安全靴は価格が若干リーズナブルな傾向があります。もちろん材質や使用されるジャンルによって価格の幅はありますが、一般的には10,000円以内でカバー出来ます。安いものであれば1,000円台で購入出来るものもあります。

量販価格帯

安全靴の量販価格帯の相場としては、大体2,000~4,000円台となっています。タイプ別に見るとスニーカータイプの安全靴は比較的割安な傾向があり、ブーツタイプの安全靴は価格帯が高めとなる傾向があります。

株式会社自重堂

動きやすい製品がきっと見つかる☆安全靴を種類豊富に販売中♪

株式会社全協衣料

オフィスウェアなら格安で購入できるところを選んでみませんか?気になる人はこちらを確かめておくようにしましょう。

花井商事株式会社

仕事中の暑さ対策には空調服を利用しよう!コチラではバッテリーのみの販売も対応していますよ。